転職の時に重視される無職の期間についてどう答えるか

転職のときに見られるのが無職の期間です。

転職のときには履歴書を提出します。前の職場を辞めてから今までの期間が長ければ当然不利になるのです。
というのもブランクとみなされるからです。ちなみに無職の期間は大体二週間まででしたらそれほどブランクとされません。しかし一か月以上になりますとブランクとみなされます。

ただし一か月以上の無職期間があると絶対に転職できないのかというとそうではありません。
例えばその間にスクールに通っていてスキルアップをしていた場合や残業代 請求 相談などで、トラブル解決に動いていた場合などには、単なる自己都合で退職したのとは理由が違いますので不利にはなりません。

ただし特に何もしていなかったり、自分探しをしていた場合などでしたら不利になります。
長い間無職でいてますと転職をした後もちゃんとやっていけるのかと不安視されるからです。
仕事をしていない間は早起きもしなくてもよくなりますし時間の自由があります、しかし転職をすると自由時間が少なくなります。自由な時間を長く過ごして来た人はちゃんと職場環境に順応できるのかと思われてしまうのです。

ですので転職をするのでしたら、できるだけ現職の間に次の就職先を見つけるようにしてください。

やめてから長期休暇をとって遊びたいというのもいいのですが、どうしても仕事を探すのが億劫になってしまうからです。そうなると余計に転職が遠のいてしまいます。

ただ寿退社や出産のための退社によって数年間のブランクの後で転職をする場合には条件は悪くなるものの資格を持っている方は職場が見つかる場合もあります。

他の人は何回くらい職を変えている?

昔は終身雇用が前提となっていたため、あまり転職しようとする人は多くありませんでした。しかし、時代は変わったのです。現在では、終身雇用のシステムは崩れてしまい、正規雇用として採用されていても、決して安泰とは言えなくなりました。そのため、時期を見て転職を考える人も増えているのです。

転職活動をする人が増えたことで、企業の側も中途採用を頻繁に行うようになりました。

しかし、簡単に転職することができるわけではありません。転職活動で面接を受けると、必ず問われることがあります。たとえば、その企業に応募する以前に、転職したことのある回数です。その回数があまりにも多い人は、しっかりと腰を据えて働くことができないと思われ、敬遠されがちです。